ヒトの可能性を、ITの可能性に
社員の可能性を最大限引出し、お客様満足を達成する企業です

社員の声:板垣 昌弘

会社の雰囲気としてまず思いつくことは「活気がある」「自由」「風通しがよい」と言った点でしょうか。
チームとして仕事に取り組む姿勢には明るさを感じることが出来ます。仕事面での厳しさを保ちつつ、一歩仕事を外れれば上司、部下の垣根はなくなり、風通しのよさを感じることが出来ます。社員はそれぞれ個人の目標を定め、顧客満足度を意識し、真摯に業務に打ち込んでいる会社だと感じています。

私が思うソフトウェアの仕事像は、知識とテクニックだけの冷たい仕事ではありません。お客様の気持ちをくみとり、どうしたらお客様が求めることを実現できるのかを親身になって考える、ひたむきな情熱が何よりも必要とされる仕事です。「ふつう」に生きて、いろいろな経験を積みかさねてきた人こそが、お客様の気持ちを創造し、お客様の立場になってより良い提案をすることができるのだと思います。

私がリーダーとして常に考えていることは、共に同じプロジェクトで取り組んでいるメンバーがそれぞれ出来ること、やるべきことに対して責任を持って確実にこなし、お互いを信頼してプロジェクトを成功させるべく取り組むことです。自分自身のスキルを上げることは当然ですが、お互いを信頼しその信頼に答えることが出来る技術者を目指しています。仕事は自分一人でやっているわけではありません。自分の出来ることを最大限に行い、信頼されることこそ技術者にとって大切なことでありそのための手段としてのスキルアップと考えています。当たり前の事でありますが、当たり前なことこそ実際は難しいことだと思います。

社員の声:千葉 克哉

私が知っている限り、ジーソルはとても不思議な会社です。それは何故か? 1.お客様のため 2.会社のため 3.自分のため であれば、各自にある程度の裁量権が与えられているからです。(当然、会社からの許可は必要ですが)

この会社に入って、私自身、一つ変わったことがあります。以前の私は与えられた仕事を全うすれば、お客さまに喜んで貰えるものと思っていました。ところが、社長からのこんな一言が私の考えを根底から覆しました。 「喜んでいるかも知れないが、感謝されているのか?」確かに与えられた仕事をこなせば望んだ物ができるので、お客さまには喜んで貰えるかも知れません。しかし、それは当たり前のことが当たり前に出来ているに過ぎないのです。



ここで、この会社の良いところがでてきます。「お客様のために何が出来るのか」を真摯に考え、それを提案して行く。それによってお客様が望む以上の成果が出るはずなのです。ひいてはそれが会社のためになり、自分に返ってくる。こんな循環をまじめに考える会社なんです。

結果、お客さまから「XXさんのおかげで良い物ができました。ありがとう。」と行って貰える、こんな仕事ってエンジニア冥利に尽きると思いませんか?

社員の声:松浦 佳邦

皆さんは自分がどれだけの能力を持っているのか知っていますか?
実は私もまだよくわかっていません。

ジーソルという会社は、自分の能力に可能性を感じている人にとっては良い環境かもしれません。

1.会社の理論で社員をはめ込まない
 多くの企業では、その会社が必要な能力に応じて採用・評価を行っており、その理想像から外れた場合は、排除されていく仕組みになっています。ジーソルは少人数という特性もあるかもしれませんが、まず会社が見ることは、その人の良いところを見つける事です。アピールが苦手な人でも社長を中心に良いところを見つけるために社員みんなでアプローチします。

2.理想の実現に協力的
 人それぞれ人生観や目標といったものは違うと思います。
ジーソルは各々の目標、理想の実現に対して協力的なファミリーといえます。
それは、「20年後にそうなっていれば良いなぁ」という漠然としたものでも、可能性として捉え、近い将来の目標設定のアドバイスや、異業種への将来的な展望に対しても自分達の戦力から外れるとは思わず、相談があれば真剣に受ける、そんな会社です。
※ 例えば「機械関連の会社を自分で始めたい」というメンバーもいます

3.社員のバリエーション
 現時点では、少人数の会社ですが、面白い事にシステム開発におけるそれぞれのスペシャリストが揃っており、これから自分がどの領域で頑張っていこうかと迷っている人でも安心です。
  ・コンサルテーション、要件定義等の上流工程・・・(コンサルやアナリスト、PM領域)
  ・基本設計、詳細設計の設計工程・・・(SE領域)
  ・プログラミング、テスト等の製造工程・・・(PG領域)
  ・移行、顧客教育、導入といったシステムの切替工程
当然、現在各領域でバリバリこなしている人でも社内での共感がはかれます。
社員のバリエーションだけならば大きな企業にはかなわないのかもしれません。しかし、少人数の会社だからこそ、それぞれがスペシャリティを持っていなければ仕事は受けられませんし、継続していくことも難しいといえます。

4.お客様に対する真摯な姿勢
 上記のように社員の可能性を重視する会社ですが、それはお客様に対しても満足いただく真摯な姿勢を貫き通したいからという思想の現れでもあります。システム屋にとって最も喜びが感じられる瞬間は、お客様から感謝の言葉を頂けた時です。社内に対しての可能性追求は、お客様への対応についても同様に行われます。この喜びを味わったことがある人は少ないかと思います。この喜びを知り、ジーソルという会社を実感できると思います。

こんな環境の中、私も右往左往しながら日々を過ごしていますが、不思議な事に自然と少しずつ磨かれていっている事が実感できます。大きな目標を持っている人も、目標を持っていない人でも、一度我々と一緒に仕事をしてみてはどうでしょう!!今までとはちょっと違った時間が流れるはずです。なんとなぁく仕事をしているなぁと最近感じている方でも安心です。元々はそういう考え方であった社員も今では無理なく目標を設定できる人材となっています。自らのほんの少しの勇気で、自分を磨いていけることを実感してください。ほんの少しの勇気を出すまで、壁を乗り越えるまでのサポートは、ジーソルという会社の社風がしてくれることでしょう。

社員の声:佐久間 紘志

ジーソルという会社は社員の「個」を尊重する会社です。

「社員自身が会社を作り、育成していく」という思想を根底に、 それを形骸化させないだけの公正な評価制度、支援体制といった確かな土壌がそこにあり、 意欲ある人間が新たな挑戦の場へ臨んでいける、そんな環境を提供してくれる会社です。

通常、IT、特にソフトウェア開発の世界において個性とはなかば「業務経歴」と同義と見做され、 社員の適正や可能性について、改めて検討、再評価されるケースというのは多くありません。 また、多くの企業において、意欲のある人間の誰しもが必ずチャレンジの場を得られる訳ではないというのが現実だと思います。

しかしジーソルという会社では少なくともチャレンジの機会は誰しもに平等に与えられます。 「将来的な会社の発展に寄与する」、「自身の求めるキャリアプランに合致する」といった明確な目的を提示することで、 会社がその方向性を全力で支援し、時に案件の選択権が社員個人の裁量として与えられ、営業方針までも社員の目的に合わせて変更されることさえあります。

もちろん与えられた裁量にはそれ相応の「責任」が伴います。 また、当然のことですが会社の不利益につながる要求、何より「お客様満足を充足する」というジーソルの基本思想を無視した要求をすることはできません。 それでもなお、社員の持つ「可能性」にこれだけの投資をしてくれる会社はそうそうないのではないでしょうか。

会社という「組織」が社員という「個」を、そして社員同士という「個」と「個」が互いを尊重し、素直に自分をさらけ出すことができる。 そんなオープンな空気がこうした会社のバイタリティを生み出しているのだと思います。

社員の声:鈴木 浩之

ソリューション営業担当をしております鈴木です。

今まで他業界で法人営業を10年以上経験してきました。IT系は畑違いではありましたが、少数精鋭という事、個人の裁量を任せていただける社風に魅力を感じ入社を決めました。

当社にはマニュアルがありせん 。
 勿論、わからないところは教えていただけますが、今までの経験を積極的に発揮できる環境があります。入社して1か月位の事でした。

『弊社のインパクトをパートナーに伝えるためにこうしてみませんか?』

と思い切って社長に提案してみました(前職では考えられないことですが)。社長はその申し出に対して『いいね。やってみよう』と即座に答えてくれました。ある意味カルチャーショックでした。入社したての社員の意見を受け入れてくれる職場を経験したことがなかったので…。

このように当社には風通しが良く、個人が責任をもった上で言動できる自由があると思います。それは会社・個人双方の成長に対して大きな意味のあることだと言えます。

こういった環境にいると不思議と新しいアイデアが湧き出してくるものです。これがダメなら別の切り口で試そう…いやこの人のアイデアをミックスしてみようなど…。徐々にですがブラッシュアップされていく事を実感しつつ日々を過ごしております。